最近良く聞く知育、これはどういうことなのか

最近よく耳にする言葉として知育という言葉があります。
子供の教育関連のこと、ということがわかっても、詳しく何を言っているのかわからないという方も多いでしょう。

知育は色々な方方があり、またそのお子さんにあっているかどうか、それによっても利用する知育方法が違います。
発育過程や年齢によっても違いがありますので、お子さんの年齢、また正確などをよく理解して、知育を利用するといいでしょう。

知育を詳しく知ろう

知育というのは、物事を自分の頭で考える能力を育成していくための教育方法です。
英才教育的なこと?と思う方もいますが、知育はもっと日常生活に関係することであり、道具を使ったりすることなくできる知育も存在します。

目の前の課題をしっかり理解し、人に頼ることなく、自分の経験などからどのようにしてクリアできるのかを考える、この能力を高めるのが知育です。
脳が成長過程にある幼児期というのは、大人よりも数倍、いえそれ以上に物事を吸収します。

脳によい刺激が多いほど、子供の能力はどんどん開発されていくので、幼児期の間に、しっかりと子供が学習できる力、物事を吸収する力、さらに問題を自ら解決できる力など伸ばしていこうというのが知育です。

知育を行うために知っておきたいポイント

まず知育は幼児期に行う教育で、小学校などの児童の時期に行う教育とはまた区異なるものです。
そのため、子供が学習するということではなく、楽しみながら能力を向上させていく環境が必要です。

大人が否定しないこと、比較しないこと、色々なことを受け入れること、子供が関心を持っていることや興味を盛ってくれることを知育として考えていくなど、ポイントがあります。

知育の基本的な方法「3つ」を理解する

知育には知育玩具や教材を利用して行う方法と、家庭で工夫して行う方法、さらに知育を行う外の教室で行う方方があります。
家庭の状況などもありますので、各ご家庭にあった方法を選択されるといいでしょう。

知育玩具には積み木やブロック、パズルやピアノなどの音が出るものや組み合わせるもの、また積み立てるものなど、様々なものが販売されています。
教材は各メーカーなどから多数の教材が出ていて、無料体験などもありますので、お試ししてみて、その上でお子さんが気に入ったものなどを選ぶことが必要です。

家庭では指先を使った遊び、例えば折り紙や豆をつまんで運ぶなどの遊びを通じて知育ができます。
ママと一緒に言葉遊びなどを行うことも刺激となります。

本を読み聞かせることも知育の一つです。
また親子で料理するということも、刺激があり、者が作られていく過程がわかるので、お勧めの知育となります。

外の教室なども、都市部にはかなり多くなってきています。
一般家庭で知育の専門の方が教室を開いているということもありますので、探してみるといいでしょう。

子どものいる挙式スタイルって?

結婚式のスタイルは様々ですが、入籍後に数年ほど時間をおいてから結婚式を行うカップルもいます。

パパ・ママ婚といわれる結婚式スタイルなのですが、子どものことを考えるとなかなか結婚式に踏み切ることが難しいと悩みをかかえる方もいます。

そこで、パパ・ママ婚について説明したのち、式を挙げる際のポイントについてご紹介します。既に子どもがいる方や結婚式に時間をおいている方必見の記事です。

パパ・ママ婚とは

パパ・ママ婚とは、出産して子どもがいる家庭が行う結婚式スタイルです。ファミリー婚や家族婚ともいわれており、近年徐々に増えている結婚式スタイルでもあります。

パパ・ママ婚の結婚式会場では、子どもを預ける託児所や授乳室などの設備を完備しており、スムーズな式になるよう配慮されています。

とはいえ、親であり結婚式の主役でもある新郎新婦によっては、“式の間子どもの様子が気になる方”や“子どもが招待ゲストに迷惑をかけていないか”など、不安に感じることもあるでしょう。

パパ・ママ婚を挙げる際のポイント

パパ・ママ婚をスムーズに進めるポイントに、子どもと一緒に式を参加できるよう結婚式のプランを決めていくことが挙げられます。

例えば、司会進行を子どもにも務めさせてみたり、指輪交換の結婚指輪を子どもに運んでもらって一緒に結婚指輪を交換するなど、子どもが新郎新婦と同じように楽しめる式の段取りが大切です。

また、家族や親族、親しい友人などを招いてアットホームな挙式にするのも、パパ・ママ婚を成功に導きます。新郎新婦が挙式中に子どもをみることは難しいものですが、家族や身内がいれば世話役を依頼できるので、さほど気を遣うこともありません。

費用や挙式の内容にこだわる方もいるかもしれませんが、子どもに合わせた挙式づくりを優先的に意識しましょう。

海外で結婚式をする


ハワイで家族挙式を挙げるなら【アメホリウェディング】

パパ・ママ婚は、海外で式を挙げるのにもってこいのスタイルで、数多くの挙式プランが用意されています。ハワイやグアムのような南国の島で挙げる場合、挙式と旅行を同時に楽しめるのが嬉しいところです。

実際、海外挙式は少人数で開かれることが一般的で、家族を招待して式を挙げることはもちろん、ビーチで遊んだり、大型ショッピングモールで買い物もできます。式の後は観光スポットに足を運んで、子どもと一緒にハネムーン旅行を楽しみましょう。

海外は、子どもと特別な日の思い出づくりにうってつけのエリアなので、海外の挙式プランを考えてみるのもアリですよ。

出産祝いを頂いた方へ、産後に出産内祝いを贈りますが、産後すぐはママは赤ちゃんの世話で手一杯になります。
特に初めての子供を出産したママにとって、産後内祝いを選んでいる暇はありません。その上で産後内祝いの選び方や相場、渡し方などのマナーにも気をつけなくてはなりません。出産祝いを頂いた方たちへの贈り物をマナーに気をつけながら、感謝の気持ちをこめて贈るにはどうしたらよいのでしょうか。

選び方

初めての出産だとわからないことが多い出産内祝い。出産内祝いは、幸せを身内でおすそ分けする観点から、縁起ものである紅白饅頭などが利用されてきました。現代では贈るギフトの種類が増え食べ物やタオルが選ばれます。

また、最近の出産内祝いに選ばれる品は、ハイブランド、高クオリティー、実用的なものが選ばれています。もちろん定番の焼きお菓子や、自分では買わない珍しい食品類、赤ちゃんが生まれた時の体重分のお米も出産内祝いのギフトとして利用されます。

出産内祝いの選び方のポイントは、頂いた出産祝いから、先方の好みをはかります。日ごろからよく話す人であれば、その言動から嗜好や趣味を推測して品物を選びましょう。また、プレゼントを贈る方の家族構成や年齢も出産内祝いの品選びの基準として使えます。

それでも渡すものに悩み選べない時は、好きな商品を選んでもらえるカタログギフトを贈るのはいかがでしょうか?
グラス+ジュース専門カタログギフト ロピカル
(商品)出産内祝いギフト|マイプレシャス
女性向け、男性向け、グルメ専門など様々なカタログギフトが販売されていますので、ぜひチェックしてみてください。

相場

出産祝いで友人から相場以上の額を頂いた場合出産内祝いをどうしたらいいか悩むママも少なくないはず。そういう場合は、内祝いの品物には出産祝いに見合った品を贈ります。

上司から赤ちゃんのおもちゃを出産祝いとしていただく場合も少なくありません。そうした場合想定外の金額であった場合、金額の1/3程度の品物を贈ります。その額に満たなかった場合は、おわびの連絡プラスお返しの品物を贈ると良いでしょう。

ちなみに出産内祝いに限らず、内祝いの金額は基本的に「半返し」です。つまり、頂いたお祝い金に対して半額の品物をギフトとして贈ります。

渡し方

出産内祝いは赤ちゃんが生まれてから1か月後に贈るのが一般的です。赤ちゃんが生まれた後は忙しいので、出産する前から段取りよく準備しておきましょう。遅くとも赤ちゃんが生まれてから2か月後以内には出産祝いを頂いた方に、出産内祝いを渡します。

また、出産内祝いを贈る際「のし紙」にも注意しましょう。一般的に内祝いの場合は「内のし」にするといいとされています。しかし、地域によってのしに対する文化が違うので、出産内祝いを渡す前に一度確認することをおすすめします。

子供の嘘について

子供が嘘をつくのは成長の表れです。大きくなるにつれて、親に対し秘密を持つようになります。
「正直に言ったら怒られるから言わないでおこう」という考えは一種の知恵。

ですが、これが小さい頃だけに限らず、小学生・中学生と年齢を重ねたときも同様に嘘をつくようでは、信頼を失ってしまいます。
たくさんの人と円滑にコミュニケーションを取るためにも、子供が小さい頃から嘘をつくことについて教え、適切な対応を取ることが必要です。

ちなみに日本には「嘘も方便」という言葉があり、状況によっては嘘をついたほうがいいという場面があります。
また、本音と建前という言葉があるように、嘘を言ってもその場に応じた会話であれば許される、というケースも。
日本語とその文化をきちんと伝え、ついていい嘘とそうでないケースを、子供にも分かるようしっかり教えましょう。

悪意のない嘘について

例えば「給食を食べたときに火傷をした」と、子供が言ったとします。
そのとき、どのように火傷したのか、それが本当に正しい情報なのか、事実確認をきちんとする必要があります。

その後「給食を食べるとき、先生がきちんと見てもらうようお願いしたほうがいいかな?」と、子供に問いかけてみましょう。
もし本当に給食を食べるときに火傷をしたのであれば納得するはずです。もし違うシチュエーションで火傷をした場合は反応が異なるでしょう。

この火傷が、給食のときではなく家でこっそりラーメンを食べたときにできたものだとしたら、どうするでしょうか。
「嘘をついたの!?」と、頭ごなしに怒るのは厳禁です。子供の話をしっかりと聞いたうえで「あなたの味方だよ」という態度をとってください。

しかし、人を傷つけたり陥れたりする嘘をつく場合は別です。善悪をきちんとつけてもらうためにも、厳しく叱りましょう。

子供の嘘で気をつけるべきこと

子供が嘘をつくのは何かしらの理由があるからです。
親に怒られたくない・知られたくないといった理由で、嘘をつきます。
嘘をつくのは悪いことではありますが、その行為を真っ先に否定してはいけません。

その内容が嘘だと分かっていても、まずは肯定をして、子供の気持ちに向き合いましょう。
大人が子供と対等に向き合うことで、嘘である旨を子供から伝えてくれます。

一方、誰かを傷つける嘘・陥れる嘘のように、悪意のある嘘をついた場合は厳しく叱るのが基本です。
もしそこで甘い態度を取ると「こういう嘘をついていいんだ」と、誤った認識をしてしまいます。
子供同士、しっかりとコミュニケーションを取れるよう、ついていい嘘とそうでない嘘を区別して教えるのが大人の役目です。

子育てのリフレッシュ、みなさんどのようにしていますか?

子供は宝、本当に目の中に入れてもいいと思うくらいに可愛いし、大泣きしても、ぐずっても、やっぱりわが子はママ、パパにとって最も可愛い天使です。
可愛い子供と一緒に、べったり一緒にいる事の出来る時間は限られている、だから今、子育ての時間を楽しむ方がいいともいわれます。

しかし四六時中子供と一緒にいる生活、特に核家族でほかの人と会う事が少ない状態にあると、夫に当ってしまったり、時には産後うつ問う状態になってしまう事もあります。
子育ては本当に楽しい、でも逆にストレスも多い事なのです。

子育てを楽しく、いつも笑顔のママでいたい、そんな時、みなさんはどのようなリフレッシュをされているでしょうか。

ストレスいっぱい、ママが抱えるストレス

生まれたての頃には何もできず、当然自分のお世話が絶対に必要で無垢な存在です。
でも、成長してくると声が大きくて時に外出先で恥ずかしい思いをしてしまう事もありますし、ギャーッと泣かれるともう少し静かにしてよと思う事もあります。

実家が遠い、ご主人も仕事で遅いとなると育児、家事が全部ママにかかってきます。
たった1日でいいからぐっすり、何の心配もいなく眠れる時間が欲しいとイライラするというママもいます。

寝かしつけても降ろすと起きてしまうということの繰り返し、睡眠不足は本当にイライラしますし、日中ぼーっとしてご飯の支度が出来ないということもあります。
わが子ですから自分が面倒を見るのが当たり前と思っていても、時に悲しくなってきて涙がぼろぼろこぼれる・・・というママだっています。

ママたちのリフレッシュ方法とは?

子供が寝てくれている時間がある、ということなら、その時間にDVDなど好きな映画や音楽をみて思い切り楽しむというのはどうでしょう。
お子さんが夜寝てくれるようならこうしたことも実践してみます。

ママの中で最も多いのが、お風呂でリフレッシュするという方法です。
忙しい毎日でも夫が帰ってきてから、ゆっくり一人で入るお風呂が至福の時間というママも多いです。
忙しいパパもたまには早く帰って、ママを育児から解放してあげる事を考えてほしいです。

最近のママたちはSNSや掲示板などを利用して今こういう状態と伝え、同じように悩むママたちが共感してくれると嬉しくなって、私も頑張ろうという気持ちになるという方もいます。
子育てに役立つ情報が満載!ママの交流掲示板 ママスタ BBS

また妊娠中に取ったマタニティフォトを見返して、辛くて大変なことも乗り越えられたからもっと頑張れる!、ママとして気合いが入る!と写真に元気を貰っている人も多いようです。
マタニティフォトの人気スタジオ[スタジオネーブル]

貴重な睡眠時間を活かすため、グレードの高い羽毛ふとんを買って眠りの質を上げるようにしているママもいるようです。高級な羽毛布団だと、羽毛が漏れにくいのでベビーにも安心です。
フランスベッドの羽毛ふとん JOORYU

他にもオークションや通販サイトで欲しいものをゲットする、子供が寝ている時にはとにかく好きなスマホのゲームで遊ぶなど、ちょっとした時間を自分の好きなことをするひとときに使ってみてください。

また思い切り泣くということもストレス解消、リフレッシュ方法になります。
悲しい映画を見て思い切り泣く、悲しい音楽を聴いて大泣きする、泣くことで自律神経が整って気持ちよくなるということもあります。

もしも何もしていないのに気が付いたら泣いていたという場合、精神的にかなりまいっている事が考えられますので、こんな時には、旦那さん、実家のお母さん、また保健婦さんなどでもいいので、どんどん相談し、自分の心にたまっているイライラ、悲しい気持ちを吐き出すことです。

ママが大変ということは誰もが理解してくれていますので、吐き出すところはどこかにきっとあるはずです。

初めてお子さんと離れること、保育園に通う時

ママとお子さんが初めて離れる時間が訪れるのは、保育園、幼稚園に行く時期です。
この時ママとしてはずっと一緒に時間を過ごしてきた子供が、保育園などの別の場所で時間を過ごす事への不安でいっぱいになります。
保育園に行く前には馴らし保育という期間がありますが、それでも不安が募ります。

馴らし保育にどのくらいの期間が必要なのか、それはそのお子さんによって違いがあり、馴らし保育が終わり入園してからも、ママに後追いするお子さんも非常に多いです。
ママが不安に感じる馴らし保育について、少し触れていきます。

馴らし保育、実際にどのくらいの期間が必要なのか

馴らし保育についてはお子さんがその環境に慣れるために行うと同時に、ママが保育園について信頼関係を築けるかどうかを確認する期間でもあります。
先輩ママさんたちに、どの位の期間、馴らし保育が必要なのか?と聞いてみたところ、1週間くらいという意見が最も多い結果となりました。

お子さんにもよりますので、あくまでも一般的な期間で、もっとかかる子もいますし、入園してからもママとなかなか離れる事が出来ないお子さんもいます。
徐々に馴らすという事を考えると、やはり1週間程度は必要になるという意見が多いようです。

年齢にもよる馴らし保育の期間

0歳児から預かってくれる保育園の場合、月齢が低いお子さんの方が馴らし保育の期間は短いのではないかという意見があります。
1歳を過ぎてから入園する場合、ママとの信頼関係もそのほかの人間関係なども何となく理解しています。

そのため、ご家族など信頼のおける人がいない生活に慣れるために、1ヶ月近くかかるお子さんも出てきます。
保育園では早くお子さんが保育園に慣れ、保育士を信頼してくれるように努めるので、ある程度の期間が過ぎたら、馴らし保育は終わりと考えていいのではないでしょうか。

お子さんの体調をしっかり考えることも必要

お子さんの体調をしっかり考えて揚げる事も大切です。
ミルクから離乳に移行する時期などはやはり赤ちゃんも変化を感じている時期なので、その時期は馴らし保育の期間もある程度必要になると思いますし、母乳育児のお子さんが保育園に行く場合も、ミルクへの移行が必要なため時期を考える必要も出てきます。

心配な要素が多いという場合には保育園の先生にしっかり相談し、赤ちゃん、お子さんの様子を見てもらいながら、そろそろ大丈夫そう・・という時期を見計らってもらうのも一つの方法です。

これから多くの時間を過ごす保育園という場所は、集団生活の第一歩です。
いずれ、ママのもとから学校等に行くことにもなりますので、少しずつ階段を上っていくつもりでゆったり考えてみるといいでしょう。