子供の嘘について

子供が嘘をつくのは成長の表れです。大きくなるにつれて、親に対し秘密を持つようになります。
「正直に言ったら怒られるから言わないでおこう」という考えは一種の知恵。

ですが、これが小さい頃だけに限らず、小学生・中学生と年齢を重ねたときも同様に嘘をつくようでは、信頼を失ってしまいます。
たくさんの人と円滑にコミュニケーションを取るためにも、子供が小さい頃から嘘をつくことについて教え、適切な対応を取ることが必要です。

ちなみに日本には「嘘も方便」という言葉があり、状況によっては嘘をついたほうがいいという場面があります。
また、本音と建前という言葉があるように、嘘を言ってもその場に応じた会話であれば許される、というケースも。
日本語とその文化をきちんと伝え、ついていい嘘とそうでないケースを、子供にも分かるようしっかり教えましょう。

悪意のない嘘について

例えば「給食を食べたときに火傷をした」と、子供が言ったとします。
そのとき、どのように火傷したのか、それが本当に正しい情報なのか、事実確認をきちんとする必要があります。

その後「給食を食べるとき、先生がきちんと見てもらうようお願いしたほうがいいかな?」と、子供に問いかけてみましょう。
もし本当に給食を食べるときに火傷をしたのであれば納得するはずです。もし違うシチュエーションで火傷をした場合は反応が異なるでしょう。

この火傷が、給食のときではなく家でこっそりラーメンを食べたときにできたものだとしたら、どうするでしょうか。
「嘘をついたの!?」と、頭ごなしに怒るのは厳禁です。子供の話をしっかりと聞いたうえで「あなたの味方だよ」という態度をとってください。

しかし、人を傷つけたり陥れたりする嘘をつく場合は別です。善悪をきちんとつけてもらうためにも、厳しく叱りましょう。

子供の嘘で気をつけるべきこと

子供が嘘をつくのは何かしらの理由があるからです。
親に怒られたくない・知られたくないといった理由で、嘘をつきます。
嘘をつくのは悪いことではありますが、その行為を真っ先に否定してはいけません。

その内容が嘘だと分かっていても、まずは肯定をして、子供の気持ちに向き合いましょう。
大人が子供と対等に向き合うことで、嘘である旨を子供から伝えてくれます。

一方、誰かを傷つける嘘・陥れる嘘のように、悪意のある嘘をついた場合は厳しく叱るのが基本です。
もしそこで甘い態度を取ると「こういう嘘をついていいんだ」と、誤った認識をしてしまいます。
子供同士、しっかりとコミュニケーションを取れるよう、ついていい嘘とそうでない嘘を区別して教えるのが大人の役目です。

子育てのリフレッシュ、みなさんどのようにしていますか?

子供は宝、本当に目の中に入れてもいいと思うくらいに可愛いし、大泣きしても、ぐずっても、やっぱりわが子はママ、パパにとって最も可愛い天使です。
可愛い子供と一緒に、べったり一緒にいる事の出来る時間は限られている、だから今、子育ての時間を楽しむ方がいいともいわれます。

しかし四六時中子供と一緒にいる生活、特に核家族でほかの人と会う事が少ない状態にあると、夫に当ってしまったり、時には産後うつ問う状態になってしまう事もあります。
子育ては本当に楽しい、でも逆にストレスも多い事なのです。

子育てを楽しく、いつも笑顔のママでいたい、そんな時、みなさんはどのようなリフレッシュをされているでしょうか。

ストレスいっぱい、ママが抱えるストレス

生まれたての頃には何もできず、当然自分のお世話が絶対に必要で無垢な存在です。
でも、成長してくると声が大きくて時に外出先で恥ずかしい思いをしてしまう事もありますし、ギャーッと泣かれるともう少し静かにしてよと思う事もあります。

実家が遠い、ご主人も仕事で遅いとなると育児、家事が全部ママにかかってきます。
たった1日でいいからぐっすり、何の心配もいなく眠れる時間が欲しいとイライラするというママもいます。

寝かしつけても降ろすと起きてしまうということの繰り返し、睡眠不足は本当にイライラしますし、日中ぼーっとしてご飯の支度が出来ないということもあります。
わが子ですから自分が面倒を見るのが当たり前と思っていても、時に悲しくなってきて涙がぼろぼろこぼれる・・・というママだっています。

ママたちのリフレッシュ方法とは?

子供が寝てくれている時間がある、ということなら、その時間にDVDなど好きな映画や音楽をみて思い切り楽しむというのはどうでしょう。
お子さんが夜寝てくれるようならこうしたことも実践してみます。

ママの中で最も多いのが、お風呂でリフレッシュするという方法です。
忙しい毎日でも夫が帰ってきてから、ゆっくり一人で入るお風呂が至福の時間というママも多いです。
忙しいパパもたまには早く帰って、ママを育児から解放してあげる事を考えてほしいです。

最近のママたちはSNSや掲示板などを利用して今こういう状態と伝え、同じように悩むママたちが共感してくれると嬉しくなって、私も頑張ろうという気持ちになるという方もいます。
子育てに役立つ情報が満載!ママの交流掲示板 ママスタ BBS

また妊娠中に取ったマタニティフォトを見返して、辛くて大変なことも乗り越えられたからもっと頑張れる!、ママとして気合いが入る!と写真に元気を貰っている人も多いようです。
マタニティフォトの人気スタジオ[スタジオネーブル]

貴重な睡眠時間を活かすため、グレードの高い羽毛ふとんを買って眠りの質を上げるようにしているママもいるようです。高級な羽毛布団だと、羽毛が漏れにくいのでベビーにも安心です。
フランスベッドの羽毛ふとん JOORYU

他にもオークションや通販サイトで欲しいものをゲットする、子供が寝ている時にはとにかく好きなスマホのゲームで遊ぶなど、ちょっとした時間を自分の好きなことをするひとときに使ってみてください。

また思い切り泣くということもストレス解消、リフレッシュ方法になります。
悲しい映画を見て思い切り泣く、悲しい音楽を聴いて大泣きする、泣くことで自律神経が整って気持ちよくなるということもあります。

もしも何もしていないのに気が付いたら泣いていたという場合、精神的にかなりまいっている事が考えられますので、こんな時には、旦那さん、実家のお母さん、また保健婦さんなどでもいいので、どんどん相談し、自分の心にたまっているイライラ、悲しい気持ちを吐き出すことです。

ママが大変ということは誰もが理解してくれていますので、吐き出すところはどこかにきっとあるはずです。

初めてお子さんと離れること、保育園に通う時

ママとお子さんが初めて離れる時間が訪れるのは、保育園、幼稚園に行く時期です。
この時ママとしてはずっと一緒に時間を過ごしてきた子供が、保育園などの別の場所で時間を過ごす事への不安でいっぱいになります。
保育園に行く前には馴らし保育という期間がありますが、それでも不安が募ります。

馴らし保育にどのくらいの期間が必要なのか、それはそのお子さんによって違いがあり、馴らし保育が終わり入園してからも、ママに後追いするお子さんも非常に多いです。
ママが不安に感じる馴らし保育について、少し触れていきます。

馴らし保育、実際にどのくらいの期間が必要なのか

馴らし保育についてはお子さんがその環境に慣れるために行うと同時に、ママが保育園について信頼関係を築けるかどうかを確認する期間でもあります。
先輩ママさんたちに、どの位の期間、馴らし保育が必要なのか?と聞いてみたところ、1週間くらいという意見が最も多い結果となりました。

お子さんにもよりますので、あくまでも一般的な期間で、もっとかかる子もいますし、入園してからもママとなかなか離れる事が出来ないお子さんもいます。
徐々に馴らすという事を考えると、やはり1週間程度は必要になるという意見が多いようです。

年齢にもよる馴らし保育の期間

0歳児から預かってくれる保育園の場合、月齢が低いお子さんの方が馴らし保育の期間は短いのではないかという意見があります。
1歳を過ぎてから入園する場合、ママとの信頼関係もそのほかの人間関係なども何となく理解しています。

そのため、ご家族など信頼のおける人がいない生活に慣れるために、1ヶ月近くかかるお子さんも出てきます。
保育園では早くお子さんが保育園に慣れ、保育士を信頼してくれるように努めるので、ある程度の期間が過ぎたら、馴らし保育は終わりと考えていいのではないでしょうか。

お子さんの体調をしっかり考えることも必要

お子さんの体調をしっかり考えて揚げる事も大切です。
ミルクから離乳に移行する時期などはやはり赤ちゃんも変化を感じている時期なので、その時期は馴らし保育の期間もある程度必要になると思いますし、母乳育児のお子さんが保育園に行く場合も、ミルクへの移行が必要なため時期を考える必要も出てきます。

心配な要素が多いという場合には保育園の先生にしっかり相談し、赤ちゃん、お子さんの様子を見てもらいながら、そろそろ大丈夫そう・・という時期を見計らってもらうのも一つの方法です。

これから多くの時間を過ごす保育園という場所は、集団生活の第一歩です。
いずれ、ママのもとから学校等に行くことにもなりますので、少しずつ階段を上っていくつもりでゆったり考えてみるといいでしょう。

子供にかかる費用、どのくらいかかるか知っていますか?

子供が大人になっていくまでに、どのくらいの費用がかかるのか、皆さんは理解されているでしょうか。
実際にその額を聞いてみると親御さんたちはそんなに準備できるのかしら?と不安になります。

お子さんが公立の小学校、中学校、高校、さらに国公立の大学など、最も教育資金がかからないルートをいってくれれば親御さんとしても助かると思いますが、私立の小学校、中学校、高校、大学と最も費用がかかるルートを行けば、かなりの金額が必要となるので、その費用を知ると皆さん驚かれます。

まず理解しておきたいこと、それは子育て費用は教育費とイコールではなく、教育費は学校にかかる費用、受験費用、塾などの費用のことで、子育てそのものの費用が入っていません。

子育てにかかる費用を考える場合、養育するための費用も試算することになるので、例えば食事や衣服の費用、おもちゃ、文具、保育園、そのほかレジャー費用なども含まれます。
これにプラスして、教育費用を足したものが子育てにかかる費用と考えなければなりません。

こうして考えてみると、実に、家が軽く建築できてしまうほど、大きな費用がかかっているのです。

出産から大学卒業までおおよそいくらくらいかかるのか

出産から大学卒業、つまり22歳になるまでにどのくらいの費用がかかるのか、保険会社の調べによると、出産から大学卒業までにかかる費用は、1650万くらいと試算されています。
出産費用、おむつ代、それにミルク費用などは人によって違いがありますのでもっと高くなることが予想されます。

また塾に人よりも多く通ったという場合なども、費用が一般的な費用よりも高くなりますので、1650万くらいという金額はあくまでも、一般的な費用と考えておく必要があります。

未就学児、0歳から6歳までの子育て費用はどのくらい?

未就学児、0歳から6歳までの年代でどのくらいの費用がかかるのかというと、毎年100万くらいはかかっていくことがわかります。
衣服、雑費、生活用品、医療費、保育費用、お祝いごと・・・・本当にかなりの費用がかかります。

イベントがある年代はやはり100万を超えることになり、これは家計をかなり圧迫するお金となりますので、お子さんが生まれる前からしっかり子育て費用を保持しておくことが求められるのです。

仮に私立医・歯系の大学に行く場合

私立の医療系の大学、歯科医療系の大学は現在、6年間通うことが義務付けられているので、もしもお子さんがこうした進路を希望した場合、6年間でかかる費用はなんと、3000万弱という金額です。

通常こうした医療系の大学に行く場合、塾もかなり通いますし、私立の中学、高校と進むことも多いので、そうなると、トータルで教育費用として掛かる費用は、幼稚園から大学まで合わせると4700万近くになるのです。
地方なら軽く家を建築できます。

こうした費用がかかるという事をしっかり考慮して、お子さんが成長していく上で、どの年代でどのくらいの費用が必要か理解しておくこと、準備しておくことが重要なことなのです。

学費に関しては、成績優秀者は返却する必要のない給付型奨学金が利用できることがあります。
また入学金や授業料の一部が免除となる免除型奨学金や、減免型奨学金もあります。こちらも成績優秀者が対象ですが、給付型ほど条件が厳しくありません。
興味のある方は、以下サイトで解説していますので、参考にして下さい。
返済不要!返さなくてよい給付型奨学金とは? - かしこく利用する!奨学金ガイド

また子供が留学するという場合もお金がかかりますが、その場合も奨学金が利用可能です。
留学会社によっては、料金内で事前の語学研修やオリエンテーションを行っている場合があるので、よく調べてみることをおすすめします。
海外留学のための奨学金 | 海外留学支援サイト
高校生の米国大学進学|アメリカ留学なら、NCN米国大学機構

出産を経ての再就職でおすすめの仕事

出産を機に、育休や産休を取らずに前の職場を退職してしまうという人も少なくありません。
でも、子供のために少しでもお金を稼いでおきたいという場合に、保育士として再就職するのはいかがでしょうか。

保育士として働くには、保育士資格が必要ですが、独学で取得して異業界・異業種から保育士に転職する人も増えていますし、育児の経験を活かすこともできます。
また、求人も比較的多く、まさに売り手市場です。
東京都や神奈川県、埼玉県や千葉県など、首都圏全域のみならず、ベッドタウンとして人気の地域でも核家族化が進み、保育士の需要も増えているという理由が挙げられるのです。
東京都の保育士の求人一覧
神奈川県の保育士の求人一覧
埼玉県の保育士の求人一覧
千葉県の保育士の求人一覧

子供がまだ小さい頃は、いろいろと大変なことも多いですが、仕事と育児の両立については旦那さんともよく相談してから決めてくださいね。
夫婦で助け合ってこその子育てですし、お金も頑張って二人で稼いだほうが効率的です。

最近多くなっているアトピーについて理解しましょう

最近、子供にアトピーが多くなっているといいます。
通常、小さいお子さんに発症し、成長するに従い徐々によくなるものですが、中には大人になってからもひどい症状に悩まされているという方もいます。

また大人になってからアトピーの再発となる事もあるという事なので、アトピーについて、しっかり理解しておくことが必要です。

現代では幼児期から小学生学童期の年代は実に10人に1人がアトピーといわれており、これはかなり多い数です。
しかしよく調べてみると、1歳くらいでアトピーを発症してもその後、3歳くらいになると改善がみられるという話があります。

小学生学童期の年代にアトピーが多いといわれているのに、3歳児くらいはその症状が減少しているとはどういう事なのでしょうか。

またアトピーは都市部、農村部などの、そのお子さんが暮らしている住宅環境によって発症率に変化があるといわれています。
勿論遺伝的な要素もあり、アトピーは一概に何が原因なのか、決定づける事が出来ませんが、発育時期などには、一旦よくなっていても注意する事が必要と理解できます。

アトピーはいつ発症しやすい?

お子さんはどんどん成長し、大人がびっくりするくらいのスピードで心も体も大きくなっていきます。
ではこの成長著しい時期のどの時期にアトピーを発症しやすいのか、それは、生後4か月くらいから3歳にかけてといわれています。

この時期、免疫システム、肌などが大きく変化する時期といわれており、それが関係しているのではないかと予測されます。

また秋生まれのお子さんにはアトピーの子が多いといわれています。
ただ、因果関係などがわかっている事ではないので、すべてのお子さんが当てはまる事もありません。

アトピーは悪化を食い止めることが改善につながる

アトピーは薬を塗ったからはい治りましたという病気ではなく、少しずつ治療によってその結果が得られるという病気です。
そのため、すべて綺麗にするという事ではなく、どのようにして悪化を食い止めればいいのかという事を考えることが必要なのです。

では悪化する原因は何か、それを突き止める事が重要です。
これもお子さんによって違いがありますあが、例えば、肌の乾燥や汗、それにダニなどによって悪化している可能性もありますし、そのほかの要因が考えられる場合もあります。

こうした原因を突き止めことで、乾燥が原因という事なら、乾燥しないようにお肌にベビー専用のスキンケアを施すこと、また、肌のバリア機能を向上させるために、外因を取り除くという事も考えます。
紫外線や湿度などもかゆみのもとになりますし、衣類などを替えることでアトピーが改善していくこともあるので、原因を知ること、外因を知る事、さらにその原因に沿った対応策をしっかり考えることが必要でしょう。

夏、ママの悩みは子供の虫さされ

夏は外で思い切り遊ばせてあげたいですし、海、山などアウトドアする絶好の季節です。
家族一緒にアウトドアできるのもお子さんが小さい年代だけ、大きくなってくるとお友達との時間が楽しくなりますし、部活などで家族一緒に行動する事が難しくなります。

春、夏、季節もアウトドアに最高の季節になり、いよいよ外遊びに行くぞというとき、ママが最も気になる事といえば、日焼け、熱中症予防、さらに虫さされの事です。
肌が弱いこの場合、虫さされもばかにできず、そこから延焼し水膨れのような状態になる事もあります。

肌が弱いお子さんに虫さされの跡を残さないように、予防策、また虫に刺された場合の対処法などを理解しておきましょう。

対処法!子供にやさしいかゆみ止めが必須

特別なケアが必要という場合もありますが、蚊等の日常生活の中にいる虫に刺された場合、肌が特に弱い子以外、傷痕などが残ることはほとんどありません。
でもお子さんによっては蚊に刺された程度で、水膨れなどを起こすこともあります。
なぜなのか?というと、蚊に刺された後にかき壊してしまうからです。

かき壊してしまうのは、蚊などに刺されてかゆみを感じるからで、そのかゆみを素早く止めてあげることで、虫さされの跡が残るようなことになりません。
外にいる時間が長いほど、虫さされのリスクは高くなりますので、しっかり虫さされ対策として、かゆみ止めなどを常備しておきます。

冷やす、とびひになるのを予防する

虫も小さいものでそれほど毒を持っていないものなら、大きく腫れるとか跡から熱を持つなどの事になりません。
しかしいくつも同じ場所を刺されてしまったり、肌が弱く大きく腫れたという場合には、自宅に戻ってからかゆみ、また炎症のケアを行います。

虫さされは基本的に炎症なので、しっかり冷やしてあげることでかゆみは収まってきます。
市販のお薬などは刺激が強いものも多いので、なるべく使用を避け、冷たいお水で冷やしたタオルや保冷材をタオルにまくなどして、冷えすぎないように冷やすという事が大切です。

虫さされの跡がとびひになると、そこがもとでほかのところに炎症が広がる事もあります。
かきむしりそのあとにばい菌が入り込み、炎症、さらに膿が発生することでとびひします。
感染力が強く、放っておくと体中に広がる可能性もあるので、とにかくほかの場所に移らないように気を配ります。

虫さされの時にはかゆみ止めなどを利用して、それでもかゆがる場合や、赤く腫れている場合は、毒性をある程度持っているものと考え、冷やすなど行います。
その後、炎症が広がり、とびひのようになった場合、感染が広がらないように保育園等を休み、出来れば皮膚科に連れて行く方がいいでしょう。