子どもの能力を伸ばす「知育」とは?

最近良く聞く知育、これはどういうことなのか

最近よく耳にする言葉として知育という言葉があります。
子供の教育関連のこと、ということがわかっても、詳しく何を言っているのかわからないという方も多いでしょう。

知育は色々な方方があり、またそのお子さんにあっているかどうか、それによっても利用する知育方法が違います。
発育過程や年齢によっても違いがありますので、お子さんの年齢、また正確などをよく理解して、知育を利用するといいでしょう。

知育を詳しく知ろう

知育というのは、物事を自分の頭で考える能力を育成していくための教育方法です。
英才教育的なこと?と思う方もいますが、知育はもっと日常生活に関係することであり、道具を使ったりすることなくできる知育も存在します。

目の前の課題をしっかり理解し、人に頼ることなく、自分の経験などからどのようにしてクリアできるのかを考える、この能力を高めるのが知育です。
脳が成長過程にある幼児期というのは、大人よりも数倍、いえそれ以上に物事を吸収します。

脳によい刺激が多いほど、子供の能力はどんどん開発されていくので、幼児期の間に、しっかりと子供が学習できる力、物事を吸収する力、さらに問題を自ら解決できる力など伸ばしていこうというのが知育です。

知育を行うために知っておきたいポイント

まず知育は幼児期に行う教育で、小学校などの児童の時期に行う教育とはまた区異なるものです。
そのため、子供が学習するということではなく、楽しみながら能力を向上させていく環境が必要です。

大人が否定しないこと、比較しないこと、色々なことを受け入れること、子供が関心を持っていることや興味を盛ってくれることを知育として考えていくなど、ポイントがあります。

知育の基本的な方法「3つ」を理解する

知育には知育玩具や教材を利用して行う方法と、家庭で工夫して行う方法、さらに知育を行う外の教室で行う方方があります。
家庭の状況などもありますので、各ご家庭にあった方法を選択されるといいでしょう。

知育玩具には積み木やブロック、パズルやピアノなどの音が出るものや組み合わせるもの、また積み立てるものなど、様々なものが販売されています。
教材は各メーカーなどから多数の教材が出ていて、無料体験などもありますので、お試ししてみて、その上でお子さんが気に入ったものなどを選ぶことが必要です。

家庭では指先を使った遊び、例えば折り紙や豆をつまんで運ぶなどの遊びを通じて知育ができます。
ママと一緒に言葉遊びなどを行うことも刺激となります。

本を読み聞かせることも知育の一つです。
また親子で料理するということも、刺激があり、者が作られていく過程がわかるので、お勧めの知育となります。

他には犬や猫といったペットと一緒に暮らすことで感性が育成されるのでお勧めです。
昔に比べ様々な動物病院で対応できるペット専用の保険もあるので万が一の際にも安心です。

外の教室なども、都市部にはかなり多くなってきています。
一般家庭で知育の専門の方が教室を開いているということもありますので、探してみるといいでしょう。