出産内祝いは何を贈ったらいいの

出産祝いを頂いた方へ、産後に出産内祝いを贈りますが、産後すぐはママは赤ちゃんの世話で手一杯になります。
特に初めての子供を出産したママにとって、産後内祝いを選んでいる暇はありません。その上で産後内祝いの選び方や相場、渡し方などのマナーにも気をつけなくてはなりません。出産祝いを頂いた方たちへの贈り物をマナーに気をつけながら、感謝の気持ちをこめて贈るにはどうしたらよいのでしょうか。

選び方

初めての出産だとわからないことが多い出産内祝い。出産内祝いは、幸せを身内でおすそ分けする観点から、縁起ものである紅白饅頭などが利用されてきました。現代では贈るギフトの種類が増え食べ物やタオルが選ばれます。

また、最近の出産内祝いに選ばれる品は、ハイブランド、高クオリティー、実用的なものが選ばれています。もちろん定番の焼きお菓子や、自分では買わない珍しい食品類、赤ちゃんが生まれた時の体重分のお米も出産内祝いのギフトとして利用されます。

出産内祝いの選び方のポイントは、頂いた出産祝いから、先方の好みをはかります。日ごろからよく話す人であれば、その言動から嗜好や趣味を推測して品物を選びましょう。また、プレゼントを贈る方の家族構成や年齢も出産内祝いの品選びの基準として使えます。

それでも渡すものに悩み選べない時は、好きな商品を選んでもらえるカタログギフトを贈るのはいかがでしょうか?
グラス+ジュース専門カタログギフト ロピカル
(商品)出産内祝いギフト|マイプレシャス
女性向け、男性向け、グルメ専門など様々なカタログギフトが販売されていますので、ぜひチェックしてみてください。

相場

出産祝いで友人から相場以上の額を頂いた場合出産内祝いをどうしたらいいか悩むママも少なくないはず。そういう場合は、内祝いの品物には出産祝いに見合った品を贈ります。

上司から赤ちゃんのおもちゃを出産祝いとしていただく場合も少なくありません。そうした場合想定外の金額であった場合、金額の1/3程度の品物を贈ります。その額に満たなかった場合は、おわびの連絡プラスお返しの品物を贈ると良いでしょう。

ちなみに出産内祝いに限らず、内祝いの金額は基本的に「半返し」です。つまり、頂いたお祝い金に対して半額の品物をギフトとして贈ります。

渡し方

出産内祝いは赤ちゃんが生まれてから1か月後に贈るのが一般的です。赤ちゃんが生まれた後は忙しいので、出産する前から段取りよく準備しておきましょう。遅くとも赤ちゃんが生まれてから2か月後以内には出産祝いを頂いた方に、出産内祝いを渡します。

また、出産内祝いを贈る際「のし紙」にも注意しましょう。一般的に内祝いの場合は「内のし」にするといいとされています。しかし、地域によってのしに対する文化が違うので、出産内祝いを渡す前に一度確認することをおすすめします。