そろそろ離乳食?食べてくれるか心配

赤ちゃんも生後半年くらいになるとミルクやママのおっぱいだけではなく、離乳食に切り替える時期がやってきます。
この離乳食への切り替えの時期については、赤ちゃんそれぞれで半年くらいからはじめても、もう少し遅くてもかまいません。

赤ちゃんの様子を見ながら、そろそろ離乳かな?と思う時期に、離乳食を開始する準備を始めます。
初めてミルク、おっぱい以外のものを口にするのですから、あせる必要はまったくなく、そのお子さんのリズムでゆっくり進めていきましょう。

最初はのんびり、重湯などから

最初はのんびりミルクやおっぱい以外の味に慣れていくことがステップとなります。
10倍がゆをお米からつくり、しっかりペースト状にしてから赤ちゃんのお口に1日目は1口、2日目も1口、3日目に2口・・・という具合に少しずつ進めていきます。
回数は1日に1回です。

嫌がるようなら無理に口に入れなくてもいいです。
また翌日同じように同じ量お口に持っていく、ということを繰り返してみてください。
2週目に入ったら、野菜などをプラスしていきます。

こうしておかゆになれたら、お野菜のペーストなどを徐々にはじめます。
あせる必要はなく、赤ちゃんが体調を崩したりしたらストップしてかまいませんし、嫌がるものはやめて野菜でトライしてもいいと思います。

豆腐、白身魚などをすりつぶしたもの、滑らかに口当たりよくしてあげましょう。

7ヶ月から8ヶ月になったら舌でつぶせるくらいの硬さへ

7ヶ月から8ヶ月くらいになったら、徐々に硬さを加えていきます。
1日2回、回数も1日1回からふえて食べる食材も少しずつ多くしていきます。
お肉や魚なども舌ですりつぶせるくらいの硬さにして、卵は卵黄なら1個、全卵なら1/3個利用します。

卵などもあせる必要はなく、少しずつ与えてみて、赤ちゃんにアレルギーなどが出てくるようならストップしてください。
果物、乳製品などもこの時期から少しずつ加えていきます。

9ヶ月から11ヶ月ごろの離乳食

離乳食の回数が1日3回になりますが、2回もうまくいっていないということなら、あせることなく、3回の日を増やしていくくらいの気持ちで進めます。
食事の目安は、歯茎でつぶせるくらいの固さです。

この時期はご家族と一緒に食事をするというたのしみを知る時期です。
ご飯は全粥かやわらかいご飯を上げてみてください。

お魚、お肉、豆腐、卵(1/2)など色々な食材を食べられるようになり、量も増えますが、この時期は好き嫌いが出てきます。
嫌いなものも、好きなものと混ぜて食べさせてみるなど、工夫します。

ママたちは離乳食が始まると本の通りに進まないことで不安を感じるようですが、離乳食はお子さんによって進み方がまったく違います。
無理に食べさせておなかを壊してしまうこともありますので、あせることなく赤ちゃんのリズムで進めていくことを忘れないようにしましょう。

病気になってからでは遅い

ワクチンと予防接種には定期接種と任意接種の2つがあります。
定期接種は国や地方の自治体が赤ちゃんへの接種を推奨しているもので、地域によっては無料、有料であっても経済的負担が少ない費用で受ける事ができます。

任意接種は赤ちゃんにうけさせるかどうか、保護者が決定するもので、任意で受ける事ができます。
重要度がすごく高いという予防接種やワクチンは、通常、定期接種で受ける事になるので、任意接種はそれほど重要度が高いというものではありません。

定期接種は受けるとしてもママたちが迷うのは、任意接種でしょう。

任意接種でも受けておく方がいいものもある

任意接種は重要度が高くない予防接種、ワクチンといわれますが、重症化するということもあるので、全く必要ないと簡単に考えるわけにいきません。

ロタウイルス腸炎は赤ちゃんもかかりやすい病気ですが、下痢、嘔吐などが激しく起こるため、脱水症状がが起これば点滴なども必要となってしまうため、入院が必要となるほど重症化することもあります。

こうした症状が起こるかもしれない、重症化することもあるということを理解していないと、予防接種を行わないにしても、対応が遅くなってしまうので、任意接種で受けられる予防接種への知識を持っておくべきでしょう。

任意接種は保険適用にならない

定期接種は国や自治体が費用を負担してくれる、もしくは無料となるため、費用の心配はありませんが、任意接種は費用がかかります。
しかも、健康保険適用とならないため、接種に関しては基本的に自己負担となります。

ただし、任意接種であっても、自治体によっては助成を受けられることもあるので自治体の方へ確認をとってみるといいでしょう。

任意接種を知らず、また病気の症状などを知らずに、もしも病気にかかり重症化してしまった・・・となると、お子さんに大きな負担となります。

どのような任意接種があり、費用等はどうなっているのか、しっかり調べておくべきでしょう。

子供の腹痛って怖い

赤ちゃんは泣く、ということでしか痛みや不快感を表すことができません。
また小さいお子さんも、おなかが痛いということは伝えられますが、おなかがどのように痛いのか、どのくらいの激しさなのかといった痛みの度合いを知らせることができません。

ママたちはおなかが痛いといわれると、どんなふうに痛い?どのくらい痛いのかしら?とひどく不安になります。

熱などは体温計で図ることでどの程度の熱なのかわかりますが、おなかの痛みは計測できないため、痛みの判断、病院へ行くタイミングがよくつかめないのです。
今回は子供がおなかの痛みを発する際、知っておきたい痛み、症状として虫垂炎について紹介します。

急性虫垂炎ってどういう病気?

友達、また兄弟や親せきなどが盲腸になったと話を聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、急性虫垂炎は、虫垂と呼ばれるお腹の右下にある大腸の一部が炎症を起こしてしまう病気です。
ウイルスこの病気は、一般的に2歳くらいから発症がみられ、一番多くなるのが小学校、中学校くらいの年代です。

小学校や中学校くらいの年代であれば、しくしく痛い、ものすごく痛いなど痛みの形容ができます。
でも2歳、3歳くらいで急性虫垂炎になると、痛みを知らせることができないため、症状に気が付いたときには時間がたっていて、時に壊死にまで進むと手術も、予後も大変になってしまうので、子供の様子をしっかり見極める事が大切です。

なぜ、大腸の一部、虫垂という部分に炎症が起きてしまうのかというメカニズムに関しては、いまだわかっていません。
ただ、ウイルスや細菌、また便の塊が詰まるなどが原因ではないかといわれています。

症状はどんな感じ?

発症してすぐは、みぞおちあたりが痛み、だんだんと虫垂がある方、よく盲腸になると傷みがでるといわれている腹部の右下あたりに痛みが異動します。医者

小さいお子さんの場合、痛いということは言えても、どんなふうにどこが痛いのかということが伝える事が出来ないので、機嫌がよくない、吐き気がある、元気がない……というときには、病院へ行って先生に見ていただく方が安心です。

もしも小さいお子さんが「火のついたように」泣き始めたら、激しい痛みが襲っている事が多く、その場合、炎症から虫垂に穴が開き腹膜炎を起こしていることもあるので、できる限り早く病院へ行く、もしくは救急を呼びます。

治療方法は外科手術か薬物療法

急性虫垂炎でも症状が軽いという場合、炎症を止める抗生物質を投与し様子をみます。
ただ切除しない限り、また同じ場所が炎症することもあるので、年齢や時期などを考慮し施術する方がいいでしょう。

外科手術は炎症を起こしている虫垂を切除するという手術になります。
以前は虫垂部分の皮膚を切って切除するという方法だったのですが、今は腹腔鏡による施術ができます。
そのため、以前よりも短い期間で退院できるようになってきています。

日本の子供の歯はきれいになっています

昔、日本の子供の歯は海外の子供たちと比較して、決してきれいな歯とは言えない状態でした。
歯並びなどにも海外の人ほど神経質ではなく、今よりもずっと歯並びの悪い子が多かったし、現代のように矯正を行っている子は多くありませんでした。

虫歯しかし今は、歯が生え始めると予防的に歯科検診に連れて行くお母さんが多いですし、虫歯にならないように、また歯医者さんを怖いと思わないように、痛みなどがでる前、虫歯ができる前に、歯医者で予防を行うようになっています。

歯磨き粉なども進化し、大人の歯磨き粉にもほとんど、フッ素が配合されています。
しかし、フッ素配合の歯磨き粉を子供に利用していいのか、不安をお持ちのお母さんも多いようです。
そこで、今回はお子さんの歯について、フッ素入りの歯磨き粉について紹介します。

フッ素が入っていると何に効果があるの?

フッ素を塗ることによって虫歯を予防する効果があるということを多くのママたちが知っているでしょう。
なぜフッ素が虫歯を予防するのかというと、フッ素が歯垢を作る酸の量を抑制してくれるからです。

またフッ素には、歯を強くしてくれるカルシウムを、再度沈着させてくれる働きがあるのです。
お時間がある方は、こちらのサイトもどうぞ。
>>http://www.chukai.ne.jp/~myaon80/fluor1.htm

虫歯になりにくい、予防的効果があるとともに、虫歯になった部分を治療しフッ素を塗っておくことで、それ以上虫歯を進行させない効果があります。

大人は市販されている現在販売されている歯磨き粉のほとんどにフッ素が配合されているため、歯磨き粉で予防できますし、大人用、子供用の歯磨き粉にもフッ素が配合されているので、歯磨き粉を利用して歯を磨くようになったお子さんの歯も守ってくれています。

フッ素に毒性が?

でも歯の生え始めの赤ちゃんにとって、フッ素は問題ないのでしょうか。歯
実はフッ素に毒性があるとして、赤ちゃん、子供にもこれを利用しない方がいいという団体も存在しています。

こういう話を聞くとママたちはとても不安になると思いますが、日本で市販されている歯磨き粉のフッ素は、食事後、3回フッ素入りの歯磨き粉を利用してもまったく問題のない料といわれており、毒性や発がん性などは気にすることはないでしょう。

赤ちゃん 、歯の生え始めのお子さんはよだれの量なども多く、歯磨き粉を利用しなくてもいいという声があります。
うがいができるようになって、「くちゅくちゅぺっ」ができるようになる年齢、つまり、3歳以降に利用する方が、安全といわれています。

赤ちゃんへ愛情を伝える1つの手段

赤ちゃんが気持ちいいと感じるベビーマッサージが注目されています。
マッサージの間、赤ちゃんは母親の手が触れていることに安心し、肌と肌が触れ合うことに気持ちがいいと感じます。

ママも、赤ちゃんのぬくもりをしっかり感じることができ、幸せな気持ちに包まれるとともに、深い愛情、母性を強めていきます。

ベビーマッサージは母と子のスキンシップ方法として注目されていますが、実際にどのように行うのか、しっかり理解して行う必要があります。
ベビーマッサージの方法と、どんなことに注意すればいいか、皆様にお伝えします。

ベビーマッサージはまさしくスキンシップ

赤ちゃんの肌に、ママの肌がそのまま触れる感覚は赤ちゃんが最も安心する事です。親子
スキンシップ方法として近年注目度が高まっていますが、ママと赤ちゃんの精神状態を安定させるだけではなく、赤ちゃんの脳を刺激し、心と体の成長にいい影響を与えることがわかっています。

ママも赤ちゃんに触れることで、心の安定と母性を高めることができますが、ベビーマッサージは赤ちゃんの成長に深く関係するので、このスキンシップ方法を、ママにしっかり理解しておいてほしいんです。

ベビーマッサージの素晴らしい効果

ベビーマッサージは赤ちゃんの爆発的な脳の発達を補うものとなります。
赤ちゃんはこの世に誕生してから急激に脳を発達させます。

そのスピードは考えられないほどのスピードで物事を吸収し、外界からの刺激によってどんどん細胞を活性化させていきます。

ベビーマッサージは程よい気持ちのいい刺激となるため、脳へよい働きかけをしてくれるのです。
ベビーマッサージはママと赤ちゃんのふれあいで行うものなので、皮脂分泌を高め、感染に対する防御能力も向上させていきます。

抵抗力が高くなるということは、感染からも体を守る事ができ、その能力を高めるということは健康的な成長ができるということなのです。

マッサージによって代謝がアップしますので、血液の循環がよくなり筋肉の発達を促します。
樹幹機能が促進されることで、リラックス効果によって関節もよく動くようになるので、運動機能の向上にもつながるのです。

ママにも赤ちゃんにも幸せな時間となる事から、ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールというホルモンが減り、オキシントンという幸せホルモンが分泌されるため、ストレス軽減効果があります。
いいことずくしのベビーマッサージは、ママと赤ちゃんの心と体を守るマッサージとして、注目されているのです。